fc2ブログ

何のための樹木伐採?

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採a

 平成28年4月20日の本ブログで、取り上げたことがあった、国見1丁目JR仙山線沿い崖地の樹木伐採が、昨日も断続的に続いています。

 伐採作業が長期にわたる中で、崖地の形状も変化し、崖の中腹に、平坦地が出来上がっているように見えます。
 地形の形状を、変化させるということは、これは開発行為といえるのではないでしょうか?

 都市整備局に問い合わせた時点では、開発行為がなされているという回答はありませんでした。
 もう一度問い合わせる必要がありそうです。

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採d

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採b

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採c

 貝ケ森6丁目みやぎ生協貝ケ森店前のバス通りから、コンフォーレの丘貝ケ森だったかの造成地は、急傾斜のために全く見えませんが、これまでは、国見1丁目のコナラの樹形が、通りの向こうに美しく見えていました。
 それがなくなってしまうことは、景観の面においても、生物多様性の面においても、残念です。

 近隣住民にとっての関心事について、仙台市、JR東日本、近くの大学に問い合わせても、まったく無視というのは解せません。
 国鉄が民営化される過程において、失われたものが多いという印象ですが、その中には「情報公開」が含まれます。
 
 憲法が改正されるときには、国民の知る権利について、もっと議論してほしいと思います。
 元国鉄など公共性の高い企業や、教育機関の情報公開について、行政機関と同様の公明性が求められるべきです。

 この地域には、秘密主義がまかり通り、知っている人たちと知らない人たちとの格差が広がっています。
 知らない人たちが、知ることができたときには、もう手遅れという構図が、何度も何度も繰り返されつつ、環境が大きく変わっていきます。
 こうして、地域の絆が崩壊してゆくのでしょう!

 話が変わりますが、造成地の住人たちから、貝ケ森南町内会への、入会が申し込まれたそうです。
 
 でも不思議な気がします。
 私たちが、貝ケ森6丁目に住むようになった30年以上前、住友不動産の新聞広告を見て、訪れたときには、樹林地はすでに造成済みでした。
 近隣の住宅地というと、恵通苑、国見1丁目、中山、山手町、北山と思われますが、伐採反対の旗印を見たことはありませんでした。
 不動産会社の説明では、現在貝ケ森1丁目と名称を変えた恵通苑の町内会からは、新しい広い道路ができて便利になったと喜ばれており、お世話になったので、1丁目という住所を付けたとのことでした。

 それに対し、貝ケ森南町内会の掲示板や住宅地には、貝ケ森南町内会が樹林地伐採に反対であることが町内会総会において、決議されたとの説明文が、最近まで掲示されておりました。
 住宅地には今でも、旗印や掲示が見られます。

 そこを通らなければ、造成地には行けないはずですから、そこの住民は、貝ケ森南町内会総会の意向を知っていて、購入を決定したはずです。
 町内会総会の決定を、かくも簡単に無視できる住民を、会員に迎えることが可能でしょうか?
 自分たちにとっての利益になることでは、町内会を利用するけれど、町内会総会の決定など無視するという人たちの怖さを感じています。

 ある意味、町内会崩壊の危機だろうと思います!




 
スポンサーサイト



緑の回廊 | コメント(0) | 2016/06/09 12:52
 | HOME |