fc2ブログ

春めく仙台風景

セリバオウレン

キクザキイチゲ160328

 昨日、仙台は春めくというよりも、初夏のような陽気になりました。
 今日の東風は、反対にとても冷たく感じられました。

 いつもの咲き出す順序とは、異なりますが、様々な山野草が咲きだしています。

奥羽山脈を背景に仙台160328

 春にもかかわらず、奥羽山脈までよく見晴らすことができました。

奥羽山脈を背景に国見峠

 国見峠は、以前とは全く違い、自然のスカイラインがなくなってしまいました。
 とても残念な風景です。

 仙台には、さらに気になる風景があります。

気になる更地

 太白山、蕃山、青葉山は、仙台が誇る美しい里山の風景です。
 上の写真の右下の更地が、眩しく気になります。

第二師団遠望の図aa

 第二師団遠望の図が書かれたころには、仙台藩重臣の屋敷は、既に無くなっていたものなのかどうか?
 仙台市民が誇る、広瀬川の自然が、観光目的でどのように開発されるのか?
 自然とは、生態系全体を視野に入れなければならないものですが、環境影響評価がずさんだという印象を持っています。
 とても心配な場所の一つです。

 自宅近隣の自然と生態系のことも心配です。

最近伐られた松の枝

 仙台市の市有林の松の枝を、誰かが最近伐ったようです。

東北福祉大学前駅風景―JR 仙山線の通る谷間

JR 仙山線、東北福祉大学前駅周辺風景a

 東北福祉大学前駅周辺を、平面図で見るのと、実際に見るのとでは、まったく違う場所だと誰もが思うことでしょう!
 JR 仙山線は、この谷間を通っています。

 写真を撮影した場所に、かつて石母田城があったと、語っておられた、年配の方がおられました。
 もっと詳しくお聞きしたいと思う時には、もう居られません。

 一国一城が常識ですが、伊達政宗公が、従うと思う方が非常識かもしれません。
 この場所からは、太平洋を通る船を監視できるし、仙台城も見えるし、国見峠も見晴らせます。
 有事の時の、要の場所であったことは、はっきりしています。

 さらに、仙台法務局備えの古図には、ここが陸軍省管轄、谷底の部分が鉄道省管轄になっていたことを、考えると、仙台藩重臣であった石母田家の分家筋が、この場所から芋沢までを、守っていたのだと推定することも可能なのではないかと思われます。

 仙台藩があった時代に、国見峠は、武家から庶民までの、ハイキングコースだったとの研究があります。
 もう一か所、当時のハイキングコースだった場所は、今でも、仙台固有の植生が見られる自然豊かな場所です。
 今後も、しっかり保全してほしい場所です。

山の寺―洞雲寺


スポンサーサイト



都市計画 | コメント(2) | 2016/03/29 17:57
 | HOME | Next »