FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

いつもの散歩道

 今日は一年間のちょうど半分、夏越の大はらいの日でした。
 昨日の雷雨は、穢れを洗い流してくれるような大雨でした。
 国見峠の中継塔方面で落雷があったような、大きな雷光と雷鳴がありました。

 今日は、一日曇りながら、晴れ間も見られました。晴れている間に、いつもの散歩道を歩きました。
 以下にその時の写真をご紹介します。

新設ゴールコン擁壁下JR仙山線上の崖肌

 国見1丁目側から、JR仙山線を見下ろそうと思いましたが、夏草や樹木に遮られて、よく見えませんでした。

今日の新設ゴールコン擁壁a

 昨日の大雨のせいなのか?、今日も新設ゴールコン擁壁の、水抜き穴や水抜き穴でないところから、出水が見られました。
 以前、4月6日に初めて出水に気づいた時には、擁壁下部から多く出水していましたが、今はその部分はコンクリートに覆われて見えなくなっています。それでも、擁壁上部の水の流れが見られました。

今日の新設ゴールコン擁壁b

今日の新設ゴールコン擁壁c

 このあたりに、以前、狐沢から流れ出た水が溜まる、池があったはずで、その上に新設ゴールコン擁壁が建設されました。 業者の説明では、地盤改良をするので問題ないとの説明でした。
 ボーリングの結果では、ここは不整合があり、このあたりに三滝層があるとの説明でした。
 
 当会は行政に対して、何度も、問題が生じないのかどうか、申し入れをしましたが、まったく無視されて、現在に至っています。
 まず、池の存在を認めていません。狐沢の水の流れの存在も認めませんでした。

 行政が住民の意見に対応することがないのだということを、この10年の間に、痛いほど経験させられました。
 一般論としてですが、どこかの業者がたとえ錯誤、あるいは嘘にもとづいて、開発申請したとしても、宅地造成等規制法や都市計画法で、開発許可処分を取り消しにできないということだそうです。

 今は、どのようにしたら、都市計画によって生活環境を奪われないように、行政から身を守ることができるのか?将来に対する不安でいっぱいです。

今日の新設ゴールコン擁壁と雨水貯水池

 気になるのは、雨水貯水池下部付近コンクリート壁面からの出水です。

雨水貯水池下140630a

雨水貯水池下140630

 千代田町から北山3丁目へと抜ける道沿いで、擁壁に亀裂があることに気づきました。
 これは最近のものなのかどうか?これまで何度も通っていますが、今日初めて気付きました。

北山3丁目擁壁の亀裂140630

 梅田川上流端より上流の写真ですが、行政はこの部分を川とは見なしていないということなのでしょうか?

今日の梅田川上流端より上流(川?)

 ソフトバンク鉄塔に隣接する雨水貯水池上部からは、写真を載せていませんが、菊田町で行われている下水道工事の様子が遠望できました。
 新設ゴールコン擁壁管理用道路(仙台市)となる予定の、切土部分にこれまでなかった亀裂が見られました。

亀裂?が見える雨水貯水池隣接ソフトバンク鉄塔脇140630

 ポツッポツッ!と、大粒の雨粒を感じて、急いで帰宅しましたが、帰宅したころには、雨は止んでいました。



スポンサーサイト
都市計画 | コメント(1) | 2014/06/30 18:00
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。