FC2ブログ

いつもの散策ルートを歩く

 数日前、霧雨の中近所を散策しました。
 あまりスポーツ好きではないため、競技を伴う(競い合う)タイプのものは長続きしません。
 ひたすら歩くタイプのものは、皆と歩調を合わせることは苦手ですが、自分のペースでできるものなら、若い頃はもの凄いスピードで歩いていたように思います。
 今は我ながら、ヨタヨタしている!と思いつつも、場所によっては歩くことを楽しんでいます。
 もっとも、最近は楽しく歩ける場所がない!と感じてしまい、たまにしか近所を歩くことがなくなりました。

 かつて、貝ヶ森6丁目の擁壁脇の緑道は、楽しく歩ける数少ない場所の一つでした。端から端まで歩くと、およそ20分から40分、勾配も程良く、良い運動になりました。
 今は造成工事のために、楽しく歩くことはできなくなりました。
 仕事熱心な(?)工事現場の守衛さん(?)なのか誰なのか、私が立ち止まって緑道から造成地を眺めていたら「工事現場に入るな!何をしている!」と叱責され、「ここは市道でしょ!」と押し問答になって以来、ほとんど通ることがなくなりました。

 国見峠往復は、なかなかキツイと思う事もありますが、眺めの良いコースです。
 かつては、貝ヶ森から八幡、澱橋から宮城県美術館とか仙台市博物館方面も楽しい散策コースでしたが、ここも今は工事現場になってしまいました。
 若い頃は市街地の商店街も楽しく歩ける場所でしたが、今は人口が多くなったせいか、また若い人たちのノロノロ歩くペースに躓きそうで、楽しく歩ける場所ではなくなりました。それにここも工事現場です。

貝ヶ森中央公園から国見峠

 貝ヶ森中央公園から国見峠の眺めは、大好きな景観です。薔薇園のお世話をされている方々の努力に感謝しています。
 国見峠にこれ以上鉄塔が建ちませんように!樹林地が失われることがありませんように!

造成地

千代田町から

調整池付近

仙台市行政財産の擁壁の取り壊し

取り壊し場所から100mほど離れた場所にある計測器

 仙台市の行政財産である頑丈で、東日本大震災当時貝ヶ森6丁目を守ってくれていた擁壁が、取り壊されていました。
 これまでありがとうございました!と頭を下げました。

 写真では100メートル離れた場所での振動が66デシベルでしたが、68デシベルの振動が何度も起きて、その振動は100メートル離れた所でも、もの凄く感じられました。これは堪りません!
 住宅街に面した造成地すぐそばの市道で経験しようと思いましたら、熱心な守衛さん(?)に「どうぞお通りを!」と何度も促され、振動を傍で経験することができませんでした。
 近くの方々の姿が見られなかったのは、皆様避難されておられたのでしょうか?



スポンサーサイト



都市計画 | コメント(0) | 2013/06/28 18:12
 | HOME | Next »