fc2ブログ

第182回仙台市都市計画審議会

自宅から国見峠の景観a

自宅から国見峠の景観

 今日第182回仙台市都市計画審議会が開催され、議題第915~919号と、諮問第8号が議題となりました。

 そのうち諮問第8号『仙台市「杜の都」景観計画』の変更』は、審議委員たちからの「意見なし」で通過しました。

 仙台市の担当者(審議会座席票には司会を担当する説明者の名と役職が記されておりませんでした)が、市民意見で今回変更する部分について述べられたものは一名、2件の意見だけだったと紹介し、一昨日の景観総合審議会を通過したと報告しました。

 審議委員のうちのある市議会議員が、私も景観を守るにおいて取り上げた、広瀬川沿いのマンション建設問題が市議会で話題になったこと、法律上問題がない建設ながら、広瀬川の清流を守る条例もあることなので、実際に広瀬川の景観を守れるような審議ができるようにならないものかとの話題を切りだしました。

 これに対し、仙台市の担当者は、この件が現在訴訟になっていることから、詳しく事情について述べることができないと回答しました。

 それを受けて、会長がこの件は意見と見做さず、意見なしでよろしいか?と発言し、先の「意見なし」となりました。

 景観を守ることができない審議会、あるいは景観を守る気がない審議会ばかりのように感じられました。


スポンサーサイト



都市計画 | コメント(0) | 2013/05/30 19:01
 | HOME | Next »