fc2ブログ

どちらが優先?―町内道路と造成地との接続地点

この道路はどちらが優先か?

 上の写真の場所には、かつて、擁壁があり、現在建設中の住宅地になっている場所は、かつては松の木が多い丘陵と狐沢でした。

 現在、このような交差点になってしまいました。
 建設作業に携わる多くの人の出入りが多く、以前と違って、ヒヤッとすることが多くなりました。

 「止まれ」の標識が設置されている交差点ですら、優先道路を通行している住民の直前に、止まれの道路の方から、工事関係者の車両が飛び出してきます。

 ましてや、上の写真のようになってしまうと、新しい造成地のほうがまるで優先道路のようになって、これまで当然のように通行していた旧来の住宅地の住民の自動車のほうが、止められてしまいます。

 町内会では、宮城県警に止まれの標識と道路への表示を要望しているそうですが、通行量が少ないからと、取り合ってもらえないそうです。
 おそらく、造成会社が作った道路を優先道路にしたいのでしょう!

 何度もヒヤッとする経験をしています。
 忍耐も限度です。

 ここは、これまでは自然にカーブしているとはいえ、対向車にだけ気を付ければ、通りやすい道路でした。
 造成地側の道路を「止まれ」表示しない限り、いつ事故が起きてもおかしくありません。

 さらに、この交差点に、工事関係者や仙台市までもが、車を停車したり駐車したりしています。
 Sホームのお客さんと思われる車が、突然バックしてきて、びっくりしたことも一度や二度ではありませんでした。

 次の写真は、この交差点に車を駐車して、どこかに行ってしまった、青葉区道路課の車両です。
 道路交通法に準拠しているのでしょうか?

青葉区役所151126a

 貝ケ森の住民は、今もなお、苦しめられています!


スポンサーサイト



生活の安心を脅かすもの | コメント(0) | 2016/04/19 20:36

隣接地内の眩しい街灯

眩しい街灯・キャンパス北側の窓の明かり

 私が、貝ケ森に移転してきた当時に保存緑地で、その向こうに青葉山、竜の口渓谷周辺が見晴らせた環境は、非常に望ましい景観でした。
 何はなくとも、この景観が自慢でした。
 この場所に住んでいることが誇りでした。

 今は、そうなって欲しくなかったという景観になってしまいました。

 この建物がマンションならば、普通、北側の窓などなく、通路と目隠しされた小さな窓が見られるくらいだと思われますが、学校法人というのは、近隣住民に対し、遠慮会釈もありません。

 国見1丁目地内のこの灯りが、そちらの敷地内だけを照らすというのならば、我慢せざるを得ないかもしれませんが、隣接する貝ケ森まで、しかも個人宅内まで照らすということに、大いに不満を持っています。

 昨年11月に電話しましたが、改善されません。
 昨年12月に、別件でメールしましたが、改善されません。
 今年1月に、別件で手紙を、差し出しましたが、何の連絡もありません。

 この学校法人は組織として機能しているのかどうか?
 近隣住民の人権を何の意にも介していないのか?
 福祉とかウェルネスとかいう言葉は何なのか?

 個人宅内を照らしている照明を特定しようと、写真で確認しました。

眩しい街灯d

 写真の中央にある街灯は、カメラの方向を向いていて、地面の方向というより、横から上を照らしています。
 カメラの位置が、隣接町内の個人宅内ですので、この街灯は、隣の町内の室内を照らしています。

 昼間、その場所を確認しに行ってきました。

眩しい街灯h

 写真左に写っている街灯の灯りでした。

 もう一つ、国見1丁目地内にある、大学学生寮と書かれた看板がある建物前の私道の街灯が、隣接町内の室内を照らしています。

眩しい街灯f

眩しい街灯g

 写真は、隣接町内にある個人宅内からの写真です。

 これらの街灯が、下を照らすよりも、横から上に向いているのはどうしてなのでしょうか?

眩しい街灯がついている電柱番号

 この街灯がついている電柱番号の写真です。
 管理者に改善をお願いします。
 この街灯は、隣接町内の個人宅内壁、天井、床を照らしています。

 これらの街灯の灯りが室内を照らすこと
 電車が停車し、しばらくすると、通勤通学の人々の足音、人声
 場合によっては深夜に、はしゃいで大騒ぎしている男女の声、嬌声
 台車の音、スーツケースの車輪の音などなど
 また、街道市だったか、バックグラウンドミュージックを高々と鳴らし、日曜日の朝から午後まで長時間にわたって、騒音が鳴り響く行事
 朝始発より以前に通過する保線車両や、回送電車が、鳴らす警笛音
 S字カーブであるため警笛を出すのが当然だという危険な場所に、駅をつくったJR東日本!
 電車の速度が、以前より速くなり、線路に接しているわけでない、隣接町内の家が、地震によるかのように、振動し揺れる毎日!

 保存緑地が伐採され、造成されて、駅の建設が始まり、隣接住民の安心安全を踏みにじって、成り立っている現状!

 手紙を出しても、なしのつぶてで、胡坐をかいている組織!

 ここは法治国家なのか?法とは国民の安心安全を守るものではなかったのか?
 日本に礼節などなくなったのか?


生活の安心を脅かすもの | コメント(0) | 2016/02/08 06:18

吸引器具

吸引器具a

吸引器具b

 デング熱について報道されたときに、テレビ番組の『てれまさむね』で、蚊に刺された時に、毒を吸い出す器具があると紹介しました。
 その時紹介されたものとは、違うようですが、私も、吸引器具を、購入することにしました。
 高齢の家人が、何だ英語じゃぁないか!と文句を言うので、下手な文字を書き込んでいます。
 
 万が一にも、必要となることがないように願っています。
 どこに置いたなら、よいものなのか?
 家にいる時か?出かけた時なのか?

 複数あったほうがよいかも?

 副作用というのか、後遺症というのか?肌に傷がつくのは嫌だとも思いつつ ・・・
 心配しだすと限がないようです。

 医者嫌い、医療嫌いの、私に使いこなせるのかどうかが心配です。


生活の安心を脅かすもの | コメント(0) | 2014/09/26 20:53

風の通り道に防風林を!

風の通り道―ここにあった擁壁が恋しい!

 今年の冬、これまで経験したことのない積雪に驚かされました。
 かつて、ここには仙台市の行政財産である擁壁があり、松や広葉樹などの樹林地が、我が家を北風から守っていました。

 これだけ剥き出しに、北斜面が広がっているのを見ることは、生活の安心安全を脅かします。

 これから、私も高齢になっていくのに、毎年1メートル以上の積雪を取り除かねばならないということは、とても耐えがたいことです。

 所有権を盾に、近隣住民に環境の激変による不利益を強いることができる世の中を嘆かずにはいられません。

 この場所に、かつての擁壁を復元することができないのでしょうか?
 せめて、築山?世界一低い人口山でもいいから、欲しいものです。
 できたら、この緑道部分に、築山と防風林が欲しい!

 可能ならば、元通りに復元してほしい!



生活の安心を脅かすもの | コメント(0) | 2014/05/30 20:42

貝ヶ森桜開花

貝ヶ森桜開花第1号

貝ヶ森桜開花第1号b

 貝ヶ森で桜が咲いていることに、今朝気付きました。
 また、東北大学附属病院北七番町通沿いで、桜が咲いていました。

大学病院内桜開花

 この陽気に誘われて、町内会総会が終わった午後に、自宅周辺を散策し、久し振りに、国見一丁目から開発区域を眺めて、震撼としました。
 記録のために、以下に写真を挙げます。

開発区域a

開発区域水抜き穴以外からの出水a

開発区域水抜き穴以外からの出水b

水抜き穴以外からの出水c

開発区域水抜き穴以外からの出水d

開発区域水抜き穴以外からの出水e

開発区域水抜き穴以外からの出水f

開発区域元池跡擁壁からの出水a

出水痕?a

出水痕?b

出水痕?c

何処からの出水?a

赤水痕?

 国見一丁目から青葉山が良く見晴らせました。

国見1丁目から青葉山a


生活の安心を脅かすもの | コメント(0) | 2014/04/06 19:07
 | HOME | Next »