fc2ブログ

昨日の河北新報夕刊一記事を読んで思う

河北新報a

河北新報b

 昨日の河北新報夕刊の記事に、今日、気づきました。
 記事すべてを引用すると、肖像権とか個人情報とかに、抵触しそうでしたので、一部を引用します。

 記事の初めの部分に、青葉の森が生物多様性豊かな、自然林であることが紹介されていると思われます。

 ところが後半、ガラッと話が変わっていることに、河北新報の記者自身、何も気づいていないのでしょうか?

 かつて広瀬川に当たり前のようにあった、ヨシ原で遊んだ思い出が、今どうしてないのか?
 ヨシ原は仙台固有の植生だったのに、どうして消されたのか?

 青葉の森で、子ども達が忍者遊びをして、仙台固有の希少な植物を踏みにじり、野生動物を駆逐することが、自然破壊であるということに、記者は気づいていながら、容認したのでしょうか?

 子ども達に、自然破壊の手ほどきをすることを、推奨しているように読めます。

 仙台市公園緑地協会とは何なのか?青葉の森管理センターのブログを開いてみて、『風薫る青葉の森は美術館』という企画が、今年4月29日から5月15日まで、あったことを知りました。

 その写真が掲載されており、唖然としました。
 まず、こういうものが芸術だなどということを理解できません。

 特に、一つの写真に、赤いテーブルとイス、そこにお茶のカップらしいものが置いてありました。
 そのテーブルとイスの下には、みどりの植物が踏みしだかれています。
 お庭の芝の上に、置いてあるかのように見えますが、ここは自然林です。
 緑の芝生ではなく、希少種が刈払われて、その後、やっと何かが生えてきたかに見えます。

 この作品を置いた人は、芸術家になる資格があるのでしょうか?
 あるいは、自分の作品が自然破壊であることを自覚しながら、芸術の終焉のメタファーとして、意図してやったのでしょうか?

 こういう感性の人たちの作品を、芸術作品とは認めがたいというのが、芸術を知らぬ私の感想です。

 いったい、最近の仙台市の審議委員からなにから、公園にカフェをつくれと審議会で要求したり、こんどは、青葉の森管理センターは、自然林を、お庭感覚で、オープンガーデンに人を集めるのと同じ感覚で、お仕事しているようです。

 青葉の森は、農場でも、花卉園芸ハウスでも、カフェでもありえません。
 子ども達に、自然保護の感覚を育んでいただきたいと願います。
 忍者ごっこで、希少種の植物の芽を踏みしだく事の痛みがわかる、豊かな感性を育んでいただきたいのです。

 一日に、三桁の人数を、青葉の森に集められなければ、解雇するとでも脅されておられるのでしょうか?



スポンサーサイト



都市緑地 | コメント(0) | 2016/05/22 21:04

みどりの日

カスミザクラb

モミジイチゴ160414

 仙台の都市緑地は、新緑の季節を迎えました。

 それにもかかわらず、何か心が晴れません。
 深夜から未明にかけて、侵入者があり、自宅敷地内で、器物損壊の被害を受けました。
 チューリップの花も、踏み倒されました。

 疑わしい人か組織が、身近にいるかもしれないことが、安心安全を阻害します。

 今日はみどりの日ですが、近い将来に、失われる可能性が高い、仙台の都市緑地と並木を、ご紹介することで、記録に留めたいと思います。

風前の灯?広瀬通りの銀杏並木

 上の写真は、広瀬通りの銀杏並木です。
 交通渋滞解消のために、車線を拡げる目的で、伐採される予定だそうです。

風前の灯?開発予定地―仙台の都市緑地a

風前の灯?開発予定地の都市緑地

 上の写真の都市緑地は、仙台が誇る選ばれた里山に隣接する、選ばれなかった里山です。
 オオタカの姿が確認され、縄文遺跡も記録されていますが、開発予定地となっています。
 現在、環境影響評価準備書が縦覧されているところです。

 仙台では、街づくりの名のもと、復興の名のもとに、みどりが失われ続けています。



続きを読む
都市緑地 | コメント(0) | 2016/05/04 19:33

彩り豊かな樹林地

貝ヶ森3号緑地151110

 数日前の、貝ケ森の都市緑地です。
 都市緑地に近い住宅地では、落ち葉掃きが大変ですが、それもまた楽し!

 私の職場は緑豊かな場所にあります。
 その周辺の住宅の一部から、庭の落ち葉を掃きに来い!と、お叱りの電話が頻繁にあるそうです。
 人の心は理解しがたい!
 このような人の心によって、都市緑地が失われていくのだと思うと、残念です。

 貝ケ森のみどりを守ろうと、頑張る人たちが大勢いた、8年前でも、住民の中には、「樹林地伐採反対」だなんて大人げない、造成したがっているならさせてやったらいいだろう、それが大人の対応というものだ、という考えの方もおられました。
 そのような方のほうが、造成の騒音や舞い上がる土砂、見知らぬ作業員の激しい出入りに、苦情を述べておられました。
 
 そして造成が終わってしまった現在、北寄りの風が強く、寒くなったとか、強風により造成地の砂が住宅地に飛びこみ、被害を受けたと、町内会に苦情があるのだそうです。
 町内会に嘆くのは、文句をいう対象が違うと思ったものでした。

 自分たちの生活を守るのと同じ意味で、あの失われた樹林地は守られるべきでした!
 現在、強風、氷雪、鉄道の騒音や振動、ヒートアイランド現象という被害を受けて、失われたものの大切さが身に沁みます。

 「伐採反対!」が大人げないなんて、二度と言ってもらいたくはありません!

 都市緑地を守りましょう!

貝ヶ森3号緑地151112

貝ヶ森3号緑地151112b

実生のもみじ

 通勤経路でも、秋色が心に沁みます。

実沢、根白石、大森山、泉ヶ岳など

実沢から根白石方面

メタセコイアの並木道151110

実沢から根白石151112

中山、国見丘陵と、遠くに奥羽山系



都市緑地 | コメント(0) | 2015/11/15 19:44

貝ケ森中央公園紅葉の始まり

貝ヶ森中央公園の紅葉の始まりa

 今日は、午前中雨模様で、午後も曇り空が続きました。
 すっきりしない色合いの写真になってしまいましたが、貝ケ森中央公園の紅葉が始まっていました。

 道路沿いの桜並木は、いつも紅葉が早い木々です。

桜並木の紅葉

 子ども時代から、運動嫌い、特に集団で勝ち負けを競うタイプのスポーツが苦手でした。
 でも、チャンバラで、野山を駆け回るのは好きだったかも?
 その野山が住宅地に変わってしまい、今では夢だったかと思えるほどの、時の流れです。

 明日の体育の日も、特に予定はありませんが、長生きするためには、体を動かしましょう!

 そう、自らに、言い聞かせています。

 歳を重ねて見れば、スポーツで勝ち負けを競うということの面白さに、遅まきながら目覚めはじめました。
 もっと早く気付くべきでしたが、何で嫌だったのでしょう?
 そういえば、小学生の時に、リレーで、前を走っている人が、コースを間違って大周りをしたときに、足踏みしてその子がコースに戻るのを待っていて、叱られたことがありましたっけ!



都市緑地 | コメント(0) | 2015/10/11 21:29

大きな満月、スーパームーン

満月スーパームーン150928

 今日は満月、スーパームーンです。
 仙台では、雲が掛り、昨晩のほうがくっきりしていたような気がします。

満月150928

 あまりうまく撮影できませんでした。



都市緑地 | コメント(0) | 2015/09/28 19:24
 | HOME | Next »