fc2ブログ

何のための樹木伐採?

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採a

 平成28年4月20日の本ブログで、取り上げたことがあった、国見1丁目JR仙山線沿い崖地の樹木伐採が、昨日も断続的に続いています。

 伐採作業が長期にわたる中で、崖地の形状も変化し、崖の中腹に、平坦地が出来上がっているように見えます。
 地形の形状を、変化させるということは、これは開発行為といえるのではないでしょうか?

 都市整備局に問い合わせた時点では、開発行為がなされているという回答はありませんでした。
 もう一度問い合わせる必要がありそうです。

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採d

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採b

JR仙山線沿い、何のための樹木伐採c

 貝ケ森6丁目みやぎ生協貝ケ森店前のバス通りから、コンフォーレの丘貝ケ森だったかの造成地は、急傾斜のために全く見えませんが、これまでは、国見1丁目のコナラの樹形が、通りの向こうに美しく見えていました。
 それがなくなってしまうことは、景観の面においても、生物多様性の面においても、残念です。

 近隣住民にとっての関心事について、仙台市、JR東日本、近くの大学に問い合わせても、まったく無視というのは解せません。
 国鉄が民営化される過程において、失われたものが多いという印象ですが、その中には「情報公開」が含まれます。
 
 憲法が改正されるときには、国民の知る権利について、もっと議論してほしいと思います。
 元国鉄など公共性の高い企業や、教育機関の情報公開について、行政機関と同様の公明性が求められるべきです。

 この地域には、秘密主義がまかり通り、知っている人たちと知らない人たちとの格差が広がっています。
 知らない人たちが、知ることができたときには、もう手遅れという構図が、何度も何度も繰り返されつつ、環境が大きく変わっていきます。
 こうして、地域の絆が崩壊してゆくのでしょう!

 話が変わりますが、造成地の住人たちから、貝ケ森南町内会への、入会が申し込まれたそうです。
 
 でも不思議な気がします。
 私たちが、貝ケ森6丁目に住むようになった30年以上前、住友不動産の新聞広告を見て、訪れたときには、樹林地はすでに造成済みでした。
 近隣の住宅地というと、恵通苑、国見1丁目、中山、山手町、北山と思われますが、伐採反対の旗印を見たことはありませんでした。
 不動産会社の説明では、現在貝ケ森1丁目と名称を変えた恵通苑の町内会からは、新しい広い道路ができて便利になったと喜ばれており、お世話になったので、1丁目という住所を付けたとのことでした。

 それに対し、貝ケ森南町内会の掲示板や住宅地には、貝ケ森南町内会が樹林地伐採に反対であることが町内会総会において、決議されたとの説明文が、最近まで掲示されておりました。
 住宅地には今でも、旗印や掲示が見られます。

 そこを通らなければ、造成地には行けないはずですから、そこの住民は、貝ケ森南町内会総会の意向を知っていて、購入を決定したはずです。
 町内会総会の決定を、かくも簡単に無視できる住民を、会員に迎えることが可能でしょうか?
 自分たちにとっての利益になることでは、町内会を利用するけれど、町内会総会の決定など無視するという人たちの怖さを感じています。

 ある意味、町内会崩壊の危機だろうと思います!




 
スポンサーサイト



緑の回廊 | コメント(0) | 2016/06/09 12:52

雪を頂く山々

イギリスで話題になった白いリス

 上の写真は、今日の話題とは関係ありませんが、雪の白繋がりで、ご紹介します。
 暫らく以前から、イギリスで話題になっていた、白いリスです。

高速道路橋梁補修工事

 長命ヶ丘、南中山あたりを通る高速道路の橋梁が、しばらく前から補修工事がなされています。
 その付近から見えた泉ヶ岳が、雪を頂いていました。これは昨日、平成27年12月8日の写真です。

泉ヶ岳に雪151208

 これまで、ウェザーレポートでは、仙台市西部で雪が降っている、泉ヶ岳も冠雪したとの報道でしたが、雲に隠れていたり、眺めた時には融けてしまっていたりと、見る機会がありませんでした。
 走行中、車のナビゲーションが、大雪です!走行注意!と脅かすようなことを言っていた時がありましたが、気温は4度で雨でした。

実沢大橋より根白石、泉ヶ岳方面151208

 昨日は、泉ヶ岳方面はよく見えましたが、蔵王方面は雲の中でした。
 蔵王でまた火山性微動が観測されたそうですが、今日は晴れてよく見えました。

仙台市泉区より蔵王お釜方面151209

泉区より南蔵王方面151209

泉ヶ岳、船形山方面151209

 いよいよ冬ですね!
 実沢大橋と呼ぶのかどうか?万人沢、十王堂近くの七北田川沿いでは、いまだに氾濫時に倒された木々がそのまま残されていました ・ ・ ・ 



緑の回廊 | コメント(0) | 2015/12/09 20:12

泉ヶ岳晩秋

晩秋の泉ヶ岳

 もう遅すぎるかな?と思いながら、晴れて暖かな陽気に誘われて、泉ヶ岳方面に寄り道しました。
 途中、根白石のこの辺りの何処かに、養賢堂という地名の場所があるはずだと思いながらも、何処なのか?車からでは判りません。

 仙台市の見解では、養賢堂は、縄文時代の遺跡の名前で、何もないから開発してよいとのことでした。
 縄文時代から、養賢堂という名称や地名があったのかどうかの質問に対しては、仙台藩藩校、養賢堂の運営資金に充てるために、田畑が寄付されて(学田)、そこから得られる収入が利用されたが、その田畑を藩校の名前で呼ぶのだとの説明でした。
 そして、縄文時代の遺跡名は、現代の地名によって呼ぶのであって、縄文時代にその地名である必要はないのだとのことでした。

 宮床伊達家の師傳として、任ぜられていた人が、養賢堂の学頭副役で、実沢あたりに住んでいたと、聞き伝えられているが、その人が住んでいた場所を、伊達家の特別な許可によって、養賢堂と呼んでいたか、あるいは、養賢堂の分校であったということがないのかどうか?という質問は無視されました。

 歴史問題は、難しい!

 この間の、七北田川の氾濫のためか?途中通行止めの場所がありました。
 狭い道で、不安な思いをしました。

 見ごろの時には、視野全体が錦に染まるはずの場所に行ってみましたが、やはり、遅すぎました!
 それでも、樹木の枝ぶりの美しさが見られました。

かつてホトトギスが鳴いていた樹林地は一般市民立ち入り禁止となった!

 かつて、カッコウが鳴いていた斜面は、写真のようになっており、しかも、カッコウだけでなく、仙台市民も立ち入り禁止で、監視カメラがあるぞ!と書かれています。
 生涯学習の予算で造られたと思っていましたが、学校関係者以外立ち入り禁止だそうです。
 「学校」って、権力なのだ!

かつて自由に入れた場所が?ここは誰の土地?

 かつて、山野草が美しかった場所は、あえなく、キャンプ場になっており、ここも、仙台市民は立ち入り禁止だそうです。
 以前は自由に歩けた場所なのに!
 ここの所有権って誰のもの?

 虚しい気持ちで、帰り道、以前は気づかなかった、山肌が削り取られた場所が見られました。
 土石を採集した場所でしょうか?

泉ヶ岳中腹から見える土砂を採取された?山

 泉ヶ岳周辺は、水源の森として保全されているとばかり思っていましたが、どうなっているのでしょうか?
 水源の森をはげ山にして、土砂が流れるままにしているのでしょうか?
 七北田川の氾濫は、起こるべくして起こったのでは?
 だれの責任でしょうか?
 白黒ハッキリさせるべきなのでは?

 クマ出没注意の看板があちこちに見られますが、そんなところに、児童生徒の施設をつくっていいのでしょうかね?
 クマのほうが被害者なのでは?
 可哀想に!

 泉ヶ岳道路沿いは、レストラン街のようでした!
 こんなバカなことがまかり通るとは!



緑の回廊 | コメント(0) | 2015/11/04 19:55

職場の親睦会総会

秋保大滝c

 上の写真は「秋保温泉郷旅歩きMAP」の一部です。秋保・里センターで頂きました。

秋保大滝a

不動堂一部a

 秋保大滝不動尊西光寺は大賑わいでした。滝の水量は多くて、その響きは荘厳でした。
 どうぞ、貝ヶ森の緑が蘇りますように!

秋保温泉庭園

蔵美術館

 連休最後の日、雨上がりの秋保は大勢の人で賑わっていました。
 この日、職場の親睦会総会が秋保温泉で行われ、小旅行と温泉、豪華な昼食を楽しむことができました。
 職場だという緊張を忘れて、家族とともに、特に子どもたちとともに、楽しいひと時を過ごすことができました。

名取川上流

 自然環境を大切にしたいという思いを、再確認しました。


緑の回廊 | コメント(0) | 2013/11/05 20:01

東の海の方向の夕焼け

東の海の方向の夕焼け

 8月7日(火)夕方の東の空の写真です。

 貝ヶ森の夕空を眺めていると、餌を求めて飛び回っているツバメの数が以前よりも倍増していることに気付きます。飛び回るツバメの写真を試みましたが、点かシルエットにしか写りませんでしたので、諦めることにしました。

 しばらく振りに、エナガの群れが賑やかに通り過ぎていきました。鳥たちも移動し始めているようです。

ツバメの巣大きくなった雛

 写真のツバメの巣の所在地は、貝ヶ森に隣接する住宅街の中です。すずめのこ様がブログ『茜さす笹藪日記』の中で紹介された巣とは別のものです。あの巣からは2キロメートルくらい離れているかと思います。あの巣の雛はもう巣立ったのでしょうか?賑やかな一連隊を見かけたことがあります。この写真の巣には、もう親と変わらぬ姿の雛がまだ残っていて、親から餌を運んでもらっているようでした。

 貝ヶ森の上空では、巣立った若鳥も親を見習って飛び方や餌の取り方を見よう見まねで学んでいるようでした。このような空間がとても大切なものなのでしょうね!

 ※しばらく、どのような訳か?ブログの更新に支障がありました。日付と公開日に差が出ましたのは、そのような訳です。

緑の回廊 | コメント(0) | 2012/08/08 18:31
 | HOME | Next »